乳がんの予防と治療~ヘルスパワーアップ~

先生

日本人に増加

大腸がんとはどういうものか

病棟

大腸がんは、近年、日本人のガンの中でも増えている病気です。その証拠に、女性のがんによる死亡数の第一位となっています。女性のがんというと、乳がんをイメージする方が多いです。しかし、その乳がんを抑えて、大腸がんになる女性は増えています。 そもそも大腸とは、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸で構成されています。大腸がんとは、これらの部位に悪性腫瘍が発生する病気です。大腸がんの症状は、初期の段階では全く現われることがないです。ある程度がんが進行してやっと、便中での出血、便秘、腹部のしこりなどの症状が現われます。そして、さらに悪化すると、出血による貧血、腫瘍で便が出ないことから腸閉塞が起こります。 大腸がんを早期に発見するには、定期的な検診が大事と言えます。

予防するための方法

大腸がんというのは、食事で脂肪やたんぱく質の過剰摂取で生じやすくなります。そのため、大腸がんになる確率を下げるには、食生活に気をつけることが大事です。ガンにならないためには、脂肪が多い肉、ハムという加工肉はたくさん食べないほうが良いです。そして、基本的に野菜を中心とした、和食を心がけることが大事といえます。また、過剰な飲酒もガンになるリスクを高めてしまいます。 その他の大腸がんの予防方法は、こまめに運動することが大事です。ある統計によると、運動で結腸がんのリスクを低下させられると判明しています。なので、ウォーキングやダンスなど楽しめる範囲で、体を動かすと良いです。 また、大腸がんは早期発見すれば、比較的治りやすいです。なので、定期的に検査を受ける事が大事です。