乳がんの予防と治療~ヘルスパワーアップ~

先生

乳ガンの発見

いろいろな検診方法があります。

医者

乳がん検診は、医師による問診と視触診、マンモグラフィや超音波検診があります。職場や地区で定期的に行う検診では、以前は視触診まででマンモグラフィはオプションという場合もありました。しかし現在は、一定の年齢以上でマンモグラフィも検診項目に加えられているようです。 なぜマンモグラフィも、乳がん検診に加えるようになったのでしょうか。視触診では、かなりしこりが大きくならないと判別ができなくて、早期発見が難しいからです。マンモグラフィは、がんになる前の石灰化の段階での腫瘍も発見できます。ただ、若い女性だと乳腺とがんの区別がしにくいので、向いていない検診です。 それから、超音波検診は石灰化は発見しにくいですが、若い女性向きといえます。

定期的な乳がん検診だけに頼らないでください。

乳がん検診は、40代以上の女性は国の指針により、2年に1回は行うようにと推奨されています。ただ例外もあります。親子や姉妹に乳がんになった人がいる場合は、年齢に関係なく超音波検診とマンモグラフィを毎年受けることをすすめられています。 自分の環境や経済状態を考えて、どのように乳がん検診を受けていくか判断する必要があります。 それから、乳がんの疑いが起きたら細胞診や組織診を行います。精密検査になりがんかどうかの診断がされます。 また、これはどのような検診でもいえることですが、検診で異状なしとなっても実はがんだった、ということがまれにあります。運が悪いといってしまえばそれまでですが、やはり自覚症状は大事です。いつもと何かが違う、最近体調が悪いなどの気になる症状があれば、次の検診まで放置せずに速やかに医療機関を受診することをおすすめします。